スムージー 作る際の注意点

 

スムージーを作る際の注意点

健康と美容に良いとされるスムージーですが、自身で毎朝作ることになるので、
その内容については、ある程度の知識を持っていた方が失敗がありません。

 

そこで、どんなスムージーを作るべきか、又、作る際に
注意すべき点は何なのかについて、考えてみましょう。

 

まず、朝摂るのが良いとされるスムージーですが、多忙な朝には出来るだけ
時間をかけたくないので、作り置きという手を考えてしまいますが、
新鮮な野菜や果物を使うという意味からも作り置きはあまり良くないようです。
野菜や果物には多くの酵素が含まれており、それがダイエット効果等を
生むのですが、擦ってしまった後の状態では、時間の経過とともに
効果が減少してきてしまうので、飲む分量をその場で作るのが一番良いのです。

 

毎回毎回作るとなると、面倒くさい感じがしてしまうのですが、
毎回作っていると、自然と分量が上手く調整できるようになって、
目分量で上手く作ることが出来るようになるのです。
果物類は、甘味があるので、イコール砂糖というイメージが強く、
食べ過ぎると太ってしまうと思ってしまうのですが、実際のところは、
果物はいくら食べても太りませんので、安心して摂取できます。

 

よくフルーツジュースを飲むと太ると言われるのは、酵素が入っていない
からであり、果物を丸ごと入れるスムージーは、こういった心配がありません。

又、まろやかにする為に、ヨーグルトを混ぜる人がいますが、これはNGであり、
食べやすくという意味ではいいのですが、果物や野菜の酵素の働きと
ヨーグルトの働きは違うので、上手く酵素の働きを妨げてしまうので、
出来れば、別に食べるべきです。

 

勿論、ヨーグルトにはヨーグルトの良さがありますので、別に食べると良いでしょう。